今からでも間に合う!嫌な体臭やくさい汗を止めろ!

おじさんたちが気を付けるべきこと

 

匂い、体臭を最近気にしだしたんじゃないでしょうか。
おじさんくらいの年齢になると自分のにおいを気にしだすのは不思議なことではありません。

 

でも、それをほおっておくのはちょっとまずいです。
周りの人は自分以上にその匂いを感じていますからね。近づくのも嫌だ、という人もいずれ出てくるでしょう。

 

今はまだ実感がない人もすでに注意しておいて損はありません。
たいていの人は自分が臭いを出しているということに気が付きません。
そしてそれを嗅いだ人も何でもないようにふるまいます。

 

仕事仲間に実は疎まれていた、なんてことも起こりかねないんです。
なので今現在進行形で悩んでる人も、今は臭いってないだろう人もすぐに対策を始めましょう。

 

におというのは自分の努力次第でいくらでも薄くできるものなんです。
いろんな症状があると思いますがここではできるだけ万人に効果のある方法を紹介していきます。
30代後半に差し掛かってる人はいつ対策を始めても遅くはありませんよ。

 

なぜ体から臭いが出るのか

匂いが体から出るということ自体は何の不思議もありません。
どんな人間でも、若くても不細工でも体からみんな臭いを出しています。
フェロモンという言葉がありますがこれがまさにそうです。

 

自分だけの体臭を体から出して主張します。
でも体臭が明らかにくさいという人は何か原因があってそうなっています。
どんな人でも探っていくと1つの原因にたどり着くのです。

 

その原因としてよくあるのがまず汗。
人間のほとんどがサラサラの汗をかくんですが、まれにねっとりとした白い汗をかく人もいます。
白い汗自体はみんな出ているんですが匂いがきつい人はその割合が多いんです。

 

これが汗が出る場所の原因菌と混ざって強烈なにおいに変化します。
ワキガなどがこの原因にあたります。
この状態なら汗をかかないようにしたり、汗と菌が混ざらないようにして対策をします。

 

汗自体が蒸発したり周りに飛んだりするので臭いの拡散にも一役買ってるのが厄介なところ。
汗と匂いの組み合わせの人が多いのもこのせいです。

 

そしておじさんによくあるのが加齢臭。
これは年を取るとどうしても起こってしまうものと思われがちですがそんなことはありません。
しっかり原因というものがあるんです。

 

上のワキガでは菌でしたが加齢臭は皮脂が原因です。
これがずっと肌の上、毛穴の中に残ってるとどんどん酸化を始めます。
この酸化の際に出る匂いがある立ち込めるようなにおいになるんです。

 

だからお風呂から出たときより仕事から疲れて帰ってきた時のほうがにおいがきつくなるんです。
頑張れば頑張るほどきつくなるというのも悲しいですがこういうもんなんですね。
ここを抑えれば加齢臭でも消すことはできます。しっかり対策していきましょう。

 

ここまで話してきて、大体匂いの原因と汗を対策すればほとんど体臭は消えることがわかりましたね。
その具体的な方法はこのサイトで個別に話していくのでよかったら見てください。