これって加齢臭?場所から匂いを考える

これって加齢臭?場所から匂いを考える

 

匂いと一言に言っても臭いって来る場所というのは様々。
その場所から大体の原因というのも判別することができます。
なんかこのあたりが臭いんだよなー、という人は判別してみてください。

 

足がにおう

足のほうから臭いがする、なんていう人はおそらく加齢臭などではありません。
足の雑菌がしっかりとれてなく、それが分解されて強烈なにおいを放ってるんだと思います。
毎日しっかり足洗ってるのに!という人は靴下や靴そのものも見直してみましょう。

 

ここに雑菌が残っているとそれがまた足の汗を分解しかねません。
あとできれば通気性のいい靴を履いて蒸れないようにするのも大事。
このあたりに気をつけておけば足のにおいというのはすぐにでも収まるかなと思います。

 

首周りから匂う

どこから匂ってるかよくわからないけどなんと嫌なにおいがする。
という人は頭周辺、首周りからが出所かもしれません。

 

そんなひとは加齢臭の危険性があるでしょう。
加齢臭というのは主に頭、花、首回り、耳、このあたりに集中しています。
この顔や首周りというのは油が非常に多く出るポイントなんです。

 

なのでしっかり洗顔しきれてなかったりするとそれが毛穴に残り酸化、加齢臭のもとになるんです。
一番よくあるのが耳の後ろ。
匂いの場所がよくわからないという人はここを擦って嗅いでみるといいでしょう。
嫌なにおいがしたら加齢臭の可能性大です。

 

場所がわかるならお風呂に入る際にはそこを入念に洗ってください。
皮脂をなくせばとりあえず匂いは収まります。
そのあとに皮脂を多く出現させないための体質改善などをしていくといいでしょう。